みなさん、こんにちは。横須賀ブックミュージアムです。

 

-EVENT CONCEPT-

 

ブックミュージアムは「本×博物」をテーマに地域の交流を深め、来場された方の好奇心をくすぐるようなイベントです。

 

初回は2018年に開催され一箱古本市の他、横須賀市自然・人文博物館、そして観音崎自然博物館とのコラボレーションも実現しました。

「学芸員×本」といった普段はあまり聞くことの出来ないトークイベントも開催されました。「ワークショップ」や「おでかけ博物館」も登場し会場は賑やか。

 

世代を問わず楽しめる場となっております。

 

… BOOKS …

もちろん主役である『本のコーナー』も充実。

第一回開催では一箱古本主さんや書籍収集家、個性的なリトルプレスなど本にまつわるブースが10店舗以上集結しました。二回目となる2019年は更に出店が充実。

一箱古本市以外にも、出版社やリトルプレス、博物グループなど合計20ブース以上が出店する予定です。

 

出品される本は博物だけではありません。

それぞれの店主さんが好みの本を持ち寄ります。小説や写真集、学術書、絵本など多ジャンルから勢ぞろい。個性的なブック・セレクトが、その日限りの本の博物館を演出してくれるでしょう。

 

…FOOD SECTION…

 

フードセクションでは地元横須賀のパン屋さんをはじめ美味しい飲食物をご用意。

出会った本とコーヒーを片手に、隣接する中央公園のお散歩もオススメです。大空の下で本×博物トークに花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

* *

 

【一箱古本市って?】

地域の広場や公共施設を利用して、段ボール箱ひとつ分の古本を販売するイベントです。2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」に始まり、今では全国各地で行われています。店主さんごとに異なる選書の個性を楽しみましょう!

 

Yokosuka Book Museum 2019

 

【コンセプト】横須賀ブックミュージアムは2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にしました。
http://sbs.yanesen.org/